花粉症の症状をおさらい

主な症状は鼻と目で起こる

花粉症の基本的な症状をおさらいします。

花粉症は、体内に侵入した花粉に対して引き起こされるアレルギーです。「季節性アレルギー鼻炎」とも呼ばれます。

花粉にはさまざまな種類があり、春だけでなく、1年中飛散しています。

原因となる花粉は、スギやヒノキ、イネやヨモギ、カモガヤ、ブタクサ、シラカンバなどです。日本にはスギが多いので、スギ花粉症の占める割合が最大です。

どの花粉が原因になるかによって、発症する時期や症状が少しずつ異なります。

花粉症の主な症状はくしゃみ、鼻水、鼻づまりです。他にも鼻のかゆみや頭痛、目のかゆみや充血、流涙といった症状が現れます。アトピーとの合併による、皮膚の乾燥やかゆみが起こることもあります。

花粉症で鼻が詰まると、自然と口呼吸が増えます。その結果、口が渇く、においや味がわからなくなる、せきが出る、良く眠れないなどの症状が引き起こされることがあります。さらに、口の中が乾くことで、病原体に感染しやすくなり、風邪などの感染症のリスクも高くなるのです。

昼間は症状が軽くても、夜になると悪化する、というパターンもあります。

粉症か風邪の症状の違い

花粉症と風邪は症状がよく似ているため、判断が付きにくいことがあります。

花粉症と風邪の症状の違いについて見ていきましょう。

花粉症は熱がほとんど出ませんが、風邪は微熱が続きます。

花粉症の場合、透明なさらさらとした鼻水が、とめどなく流れます。風邪ならば、最初はさらさらで次第に粘り気が出てきます。

花粉症のくしゃみは何度も連続で出ます。鼻づまりは長く続きますが、風邪なら数日間でおさまります。

花粉症の場合、喉にイガイガとした痛みを感じることが多いです。また、咳はあまり出ません。

目に症状が出やすいのが花粉の特徴です。充血やひどいかゆみがあれば、花粉症と考えてよいでしょう。

毎年同じ時期に症状が出るかどうかも判断に役立ちます。

頭痛や頭がボーッとする感覚は、花粉症と風邪の両方で起こります。

花粉症やアレルギー性鼻炎の場合、血液検査と皮膚テストで、風邪と判別可能です。

風邪の場合、薬で熱などの症状を和らげつつ、免疫力によってウイルスが排除されるのを待ちます。花粉症は、マスクなどで花粉の吸入を避け、抗アレルギー薬などで治療します。

花粉で肌があれる?花粉皮膚炎について解説

花粉症の季節になると、マスク姿の人が多くなります。花粉症になると、目のかゆみや鼻水、くしゃみなど、様々な症状が出てきますが、中には肌が荒れる人もいます。

大手化粧品会社が行った、敏感肌と花粉に関する調査では、かゆみを感じる人の4割が、花粉症の影響を受けているとのことです。

花粉の影響を受けて生じる肌トラブルは「花粉皮膚炎」と呼ばれます。

日本では毎年2月から4月に、スギ花粉によって起こる人が多いです。

主な症状は、乾燥や痒みなどです。重い症状はなく、肌の露出が多い部位に発症しやすいという特長があります。

肌の免疫機能が低下していと、花粉やアレルゲンが皮膚に侵入しやすくなります。花粉皮膚炎を防ぐには、花粉をできるだけ肌に触れさせないようにすることが重要です。

外出するときは、マスクやメガネを着用するとよいでしょう。また、外から帰ったら、服に付着した花粉をよく払いましょう。

花粉皮膚炎は、花粉がついた髪の毛が顔にかかることでも起こる可能性があるので注意しましょう。

肌が乾燥していると、皮膚のバリア機能が低下します。花粉皮膚炎を防ぐには、保湿もしっかりと行いましょう。そうすることで、乾燥や外部の刺激から、肌を守ることができます。

花粉皮膚炎の予防には花粉防御剤が有効

花粉皮膚炎を防ぐには、花粉が肌に付着するのを防ぐことと、肌をしっかりと保湿することが重要です。

他にも、花粉皮膚炎の予防策があります。

ひとつは、化粧品メーカーが販売している花粉防御剤を使うことです。

花粉防御剤は、スプレータイプの製品です。肌に吹きかけると、イオンの透明なベールができ、花粉を反発させます。顔にスプレーしてもメイクが崩れることがなく、いつでも手軽に使うことができます。

静電気の発生を抑える効果もあり、空気中の花粉はもちろん、ウイルスの付着も抑制することが可能です。

花粉防御剤には、透明なジェルもあります。オレンジやミントの香りがついているものもあります。また、天然のエッセンシャルオイルが配合されており、リラックス効果も期待できます。6歳以上の子供から使うことが可能です。

目の周辺に塗ることで、花粉症による目の症状も改善できます。