花粉症の薬を飲むタイミングはいつ?

2019年3月19日 オフ 投稿者: mm8muylr

花粉症の薬は予防用と症状緩和の2種類

花粉症の薬は、花粉症のシーズン前から使い始めることで、発症を予防できます。また、発症したあとも、薬を飲むことで症状を抑えることが可能です。

発症する前は、花粉をブロックする薬を使いましょう。既に発症している場合、症状を緩和させる薬が必要です。

これらの薬は用途が異なるため、作用の仕組みも違います。「花粉症の薬」なら何でもいい、というわけではないので、注意しましょう。

ドラッグストアには、花粉症の薬が数多く販売されています。ドラッグストアで花粉症の薬を買うときは、花粉症を予防したいのか、症状を和らげたいのか、店員に伝えるとよいでしょう。

花粉症は発症前に予防策をとっておくのが大事

花粉症の症状は、段階を追ってひどくなる傾向があります。

はじめは鼻がムズムズする程度だったのが、だんだんと鼻水がとまらなくなることがあります。また、目が開けていられないほどかゆくなったり、言葉も話すのが辛いほど鼻が詰まったりします。

そのため、花粉症は症状がひどくなる前に対処しておくことが重要です。

花粉症のシーズンが近づいてきたら、花粉症予防用のメガネやマスクを着用するとよいでしょう。また、目薬や鼻うがいも効果的です。

花粉症は、体の免疫機能が、体内に侵入した花粉に過剰に反応してしまうことで起こります。そのため、目や鼻の粘膜に花粉が触れないようにすることが大切です。

もし、花粉症になってしまったら、薬で症状を和らげましょう。花粉症の薬は、花粉によって起こるアレルギー反応を抑える働きがあります。